Netflixで藤子・F・不二雄の「T・Pぼん」というアニメを観ておりました。Netflix最近観てないから退会しようと思っていたんだが、これが面白かったので継続することにした。



原作はドラえもんに出てきた謎多きガバガバ組織「タイムパトロール」に焦点を当てたマンガらしいです。

※タイムパトロールの活躍としては「ドラえもん のび太の日本誕生」のVSギガゾンビにおけるデウス・エクス・マキナ的なシーンが一番有名だと思いますが
リメイク版の「新・のび太の日本誕生」のラストではT・Pぼんの主人公組がカメオ出演しているそうだ。


実際、ドラえもんからは主人公が救われる側(のび太)から救う側(ぼん)に変わっているものの、これは青狸美少女に代わったドラえもんと言っても差し支えないと思う。

SnapCrab_NoName_2024-5-11_8-24-53_No-00

話としては「歴史に影響のない過去の死者を救う」というもの。当然のように「過去を変えてしまうのはタイムパトロールとしてOKなのか?」という疑問は出てくるが、TPとしてはちゃんと歴史に影響がない人物かどうかを調査したうえで救う人を決めているらしいからOKなんだろう。

※そういう意味ではのび太も「歴史に影響がない人物」だからこそ、ドラが放置されているということなのかもしれないが……??この「青狸放置問題」に関してはpixiv百科事典のタイムパトロールの項目で色々考察されているようだ。


ドラと同じで「超絶万能未来パワーによる力技」で解決してしまうので、何が起きても「まあ何とかなるんだろう」と思えてしまい緊張感はあまりないけど、すべて人助けの話なので、後味良く観続けられるし、毎回いろいろな時代に飛ぶのでビジュアル的にも飽きることがない。

何よりヒロインのリームが超可愛いわけだよ。藤子・F・不二雄のイラストの雰囲気はしっかり守りつつ現代的なデザインにリファインされていて最高of最高。

SnapCrab_NoName_2024-5-11_8-17-35_No-00

SnapCrab_NoName_2024-5-11_8-18-21_No-00

SnapCrab_NoName_2024-5-11_8-19-12_No-00

性格的にもアクがなく親しみやすい、まさに正統派ヒロインといった趣でたまらなく魅力的。
藤子・F・不二雄のキャラデザって子供の頃から慣れ親しんできたものだからか、観ているだけで心が落ち着くんだよ。

ヒロインが正統派で可愛い、ただそれだけで物語世界にものすごく入り込みやすくなることを再認識した。最近のfuckポリコレハリウッドやドラマ業界も見習って。

※このリームがシーズン2から出てこないらしんだよな…ガッカリ。


もともとが短編だからか、話のテンポがかなりスローでゆったり進むのも俺のような年寄りには見やすい。


ひとつ気になったのは暴力的なシーンがあるということでR-16らしいが、それほど残酷というわけでもない。

小学校高学年~中学生くらいでも充分楽しめるだろうし、それくらいの年齢で観たら一生思い出になるようなアニメだと思うので、ちょっと年齢制限が厳しすぎるように思う。小学生の自分に絶対見せたい。


スポンサードリンク